代襲相続と数次相続 | 遺産分割協議書作成サポート

代襲相続と数次相続

例えば、亡父の遺産について協議をしたいのに、子供が死亡しているというケースがあります。
このようなケースで大変重要な意味を持つのが『子供が死亡した日時は父の死亡より前か後か』です。

この部分は、一般にはあまり理解されていない事が多いですし、うっかり勘違いしやすいところですので、該当する方は特に注意してただきたいと思います。

被相続人より早くに死亡した場合

相続開始時(=被相続人死亡時)にすでに死亡してる場合、その人は残念ながら相続人にはなりません。
参照 法定相続人

しかし、先に死亡した方に子供がいる場合、その子供が死亡した親に代わって相続人になることができます。これを代襲相続と言います。

代襲相続については、代襲相続を参照して下さい。

被相続人の死亡した後に相続人が死亡した場合

相続開始時(=被相続人死亡時)には生存しており相続人になったが、遺産分割を行う前に死亡した場合は、亡くなった相続人についても新たな相続が開始します。これを数次相続と言います。

手続き的には、死亡した相続人の相続人が、最初の相続について遺産分割協議することになります。

数次相続については、数次相続を参照して下さい。

tensaku.gif

total.gif