数次相続について | 遺産分割協議書作成サポート

数次相続について

相続開始時(=被相続人死亡時)には生存しており相続人になったが、遺産分割を行う前に死亡した場合は、亡くなった相続人についても新たな相続が開始します。これを数次相続と言います。

数次相続における相続手続き

次のような例を考えます。

1. Xが死亡。Xの相続人は子供 A、B
2. Xの遺産分割前にBが死亡。Bの相続人はBの配偶者CおよびBの子供 D

C、DはBの全ての権利義務を相続します。その中にはXの遺産分割における権利義務も当然含まれます。

Xの遺産分割協議は本来AとBの二名で行えばよかったのですが、分割協議前にBが死亡したため、Bの権利を受け継いだCおよびDがAとともに遺産分割協議をすることになります。

相続関係図その3

※ 被相続人より先にBが死亡している時 >> 代襲相続となり相続人はAおよびD

※ 相続開始後にBが死亡した場合 >> 数次相続となり、遺産分割はA、C、Dの3名で行うことになる。

tensaku.gif

total.gif