相続財産を把握する | 遺産分割協議書作成サポート

相続財産を把握する

相続財産、つまり遺産には、被相続人(亡くなった家族)の生前持っていた不動産、現金・預金、衣類、家財道具、車など、持ち物全てが含まれます。

現金

タンス預金やへそくり、所持金など全てです。
現金は不心得な相続人がこっそり持ち出してもなかなか追跡できないある意味厄介な物です。
反対に被相続人(亡くなった方)が特定の相続人に対し、
『私が死んだら、タンスに隠してあるお金はお前にやる。内緒にしておけ』というケースもありますから、さらにややこしい話になりがちです。

相続手続きから見れば、まとまったお金は銀行へ入れ、手元に大金を置かない方がよいと言えるでしょう。

預貯金

銀行等は口座名義人が死亡したことを知ればその口座を凍結します。口座が凍結されると入出金などができなくなります。(自動引き落としや年金の受取りなどもできません)

預貯金などは、通帳をもとに判明する事が多いですが、「○銀行に口座があったはずだけど・・」などという場合には銀行へ直接問い合わせて下さい。

被相続人の死亡および、被相続人との関係がわかる戸籍があれば手続きができます。
(銀行によりその他の書類を求められる事がありますので事前に確認して下さい。)

被相続人と同居の相続人が死亡する直前に解約・引き出しした場合にも、入出金の履歴を銀行に求める事ができますので、どのようなお金の動きがあったのか知ることができます。

不動産

不動産を把握するのは市町村役場の固定資産税課等で評価証明をもらうか台帳を閲覧するのが便利です。

不動産の価格は、実勢価格を基本とすることが多いですが、売ろうとしてすぐ売れる物でもなく、ある程度の妥協がなければ泥沼化しますので注意しましょう。

特別受益

遺産以外に被相続人から財産を受け取った相続人がいると、現在に残っている財産だけを分割すると不公平が生じます。
相続分を計算するに当たり、遺産以外に受け取った財産を遺産総額に組み入れることになり、これを特別受益のもち戻しと呼びます。

どのような物が特別受益になるかは次のページに記載します。

借金やローンがあればそれも遺産になりますし、逆に人に金を貸している場合など「お金を返してもらう権利」も遺産になります。

生前に財産を受け取っている場合、他の相続人と不公平になりますので、受け取った財産を「すでに受け取った遺産」として、遺産分割で考慮することになります。

生命保険は、遺産ではありませんが、場合によっては遺産と同等と見なければいけないこともありますので、注意が必要です。

遺産額によって、相続税の申告(死亡を知ってから10ヶ月以内)が必要になりますので、なるべく早いうちに把握するよう努めましょう。

tensaku.gif

total.gif